メンバーズカードを持ってお得に生活

メンバーズカードとは、お店側にとってはもちろん、お客の側にとってもメリットのあるシステムだと思います。初めて利用した店舗だったり、今後継続して利用するかどうかわからない場合はカードを作ることを迷ってしまいますが、私は基本的に相当遠い場所にある店でない限り、作ってもらうことにしています。初めてのお店なら、大抵は会計の際にカードの作成について一声掛けてくれます。もしもその後その店を利用することが少なかったとしても、持っていて損になるわけでもありません。むしろ持っていることで得をする可能性の方が高いのですから、迷うくらいなら作ってしまおうと決めています。

お客、お店、どちらにも嬉しいシステム

なぜ、そのようにどんどんメンバーズカードを作るかというと、持っているとそのお店独自の色々なサービスを受けられるからです。特典は様々です。私がカードを持っているお店の中では、購入金額に応じてポイントが貯まり、そのポイント数によって値引きをしてくれるというサービスが一番多いです。これは買えば買うほど貯まるので、勢い一回の購入金額が多くなりがちです。そして、そのカードの使える店以外の買い物を控え、その分をカードの使える店でまとめて買おう、と思うようになります。一人当たりの平均購入額が上がるというのはお店にとって嬉しい話で、その上囲い込みまで出来るのですから、これは双方にとって嬉しい効果です。他にも、来店するだけでポイントをくれたり、会員登録している人間にだけ送られてくるお得なメルマガやクーポンがあったりと、お客の側が「また行きたい」「カードを作っておいて良かった」と思えるサービスが満載です。

個性溢れるカードのバリエーション

一言でメンバーズカードと言っても、色々種類があります。テレホンカードのような薄型のポイントカードや、レンタルビデオ店に多い厚みのある磁器カード、手作り感溢れる紙製の物だってあります。私はカードの数が多いのと、サッと一目でわかるようにしておきたいので、財布とは別にカードケースを一つ持ち、管理していますが、それを開く度、多種多様なメンバーズカード達の姿に驚かされます。凝ったデザインの物や派手で目立つ物、時にはカードポケットに入らないような大型の物もあったりして、バラエティに富んでいて、見ていて飽きません。今はどんなジャンルの商売もメンバーズだけのサービスを用意しているのが当たり前の時代です。皆さんも何枚かお財布の中に入っているのではないでしょうか。それぞれの特徴をよく理解し、賢く利用して、お得な生活をエンジョイしたいですね。

伸芽会は、1歳児コースから年長児コースまで、受験を見据えた教育を行う幼児教室です。 小学校受験の情報は非公開が多いため、入試問題の間違った情報が広まることもあります。毎年、合格者からの情報をもとにカリキュラムを組む伸芽会なら、間違った情報に惑わされることもありません。 伸芽会は創立60年を迎える、幼児教育の草分け的存在。 毎年、多くの子どもたちが伸芽会から名門小学校へ入学しています。 想像力、体験力、自助力を養う教育で子どもたちを合格へ導きます。 小学校受験対策なら伸芽会へ